ENCOURAGEMENT漢方薬のすすめ

このような方にご利用いただいています

体質改善に取り組みたい、妊活を有利に進めたい、より美しく健康になりたい。これらの願いを叶えるために、漢方薬を始めてみようと思い立ったものの…。
自分に合うものが良く分からない、専門店で相談する時間が取れない、見つけたお店までの交通手段がない。そんな方に、漢方薬の相談通販をご利用いただいております。

  • 体質を改善したい
  • 妊活を有利にすすめたい
  • より美しくより健康に

よくあるご相談

女性特有のお悩み、皮膚のお悩み、耳鼻のお悩み、自律神経の不順、肥満・メタボ、生活習慣病、各種慢性病。
この様なお悩みを根本的に解決したい方に、漢方薬は選ばれています。
東洋医学は、現代医学とは異なる視点からのアプローチで、多様な症状・疾患を改善する可能性を秘めています。以下に示す例の他にも、多くの症状・疾患が東洋医学の長い歴史で解決されてきました。まずはお気軽にご相談ください。

こんなお悩みの症状はございませんか

  • 女性のお悩み
  • 皮膚のお悩み
  • 耳鼻のお悩み
  • 自律神経の不調
  • ダイエット
  • 生活習慣病
  • 慢性病

女性のお悩みWomen's troubles

  • よく見られる症状
  • PMS
  • 生理痛
  • 更年期障害
  • 不妊
  • 産前産後の不調
  • 中医学(漢方)での考え方
    こちらにより詳しい説明がございます(併設針灸院)
    中医学(東洋医学)の経典『黄帝内経』には、女性は7の倍数の年齢時に体調変化が生じると記載があります。

    7歳で歯が生えそろい、14歳で初潮を迎えます。21歳で背が伸びきり、28歳で身体は最も充実します。
    35歳で衰えが見え始め、42歳で白髪がめだち、49歳で閉経します。
    50代では「肝」が、60代では「心」、70代は「脾」、80代は「肺」、90代では「腎」が衰えて全身が虚弱になるとされています。

    『黄帝内経』にある女性の体調変化は、加齢に伴う自然な変化で、現代医学での病名が付くものは多くありません。
    しかし、心身にとっては大きな負担になることがあります。
    漢方薬を服用することで老いをゆっくりと、ストレスなく受け入れることが出来るようになり、
    家庭や社会でもイキイキと、能力を発揮して働くことが出来るようになります。

    悩みを抱えて無理をしているつらい状態から抜け出し、すべての女性が本来の力を発揮できるよう、漢方薬・中医学(東洋医学)の力で、応援したいと考えています。

    更年期障害

    更年期(閉経前後の5年間)に出現する他の病気に伴わない多様な症状を更年期障害と呼びます。代表的な症状には、のぼせ・汗(特に頭顔)・手足の冷えやほてり・息苦しさ・動悸・疲労・めまい・頭痛などの自律神経症状、イライラ・怒りっぽい・憂うつなど情緒の不安定、その他に食欲不振や関節痛・皮膚の乾燥などが現れます。 中医学では、加齢に伴う「腎」の衰えをベースとし、他臓腑や全身陰陽の失調が原因であると考えられていおり、対応する多くの漢方薬がございます。

    おすすめの漢方

    • 柴胡疎肝湯
    • 逍遥散
    • 加味逍遙散
    • 半夏厚朴湯
    • 釣藤散
    • 桃核承気湯
    • 七物降下湯
    • 知柏地黄丸
    • 桂枝茯苓丸
    • 八味地黄丸
    • 六味丸
    • 当帰芍薬散
    • 四物湯
    • 人参湯
    • 酸棗仁湯

    生理痛

    一般的に月経中(前・後)に月経に伴って起こる、下腹痛、腰痛、頭痛など様々な痛みを生理痛(月経痛)といいます。 中医学では、「気」「血」の巡りが悪かったり、逆に不足していたり、冷えの強い方などに起こりやすいと考えられています。こうした体質を改善する漢方薬を服用することで生理痛が穏やかになって参ります。

    月経前症候群
    (PMS:Premenstrual Syndrome)

    月経前に3~10日間続く、精神的・身体的症状で、月経開始とともに軽快・消失するものを月経前症候群(PMS)といいます。イライラ・抑うつなど情緒の不安定、不安、集中力の低下、睡眠障害、眠気などの精神神経症状、のぼせ、過食・食欲不振、めまいなどの自律神経症状、その他頭痛、乳房の張り、腰痛、腹痛、腹張、むくみなど非常に多彩な症状が現れます。 中医学では、「気」の巡りが悪くストレスの強い方や、水分代謝が悪く頭や顔がほてりやすい方などに起こりやすいと考えられています。PMSの改善には漢方薬が大変おすすめです。

    おすすめの漢方

    • 桂枝茯苓丸
    • 柴胡疎肝湯
    • 逍遥散
    • 桃核承気湯
    • 四物湯
    • 帰脾湯
    • 十全大補湯
    • 当帰芍薬散

    不妊

    現代医学からの考察に、中医学(東洋医学)の理論を重ね、妊娠への後押しのための漢方を提案いたします。
    高度生殖医療を受けられている方には、各クリニックでの治療方針や人工授精・体外受精・顕微授精などの各段階を考慮し、益となる提案を行っております。
    高度生殖医療の重点のひとつにホルモン補充がありますが、ホルモンは本来自身の体内で産生されるものであり、外から補充するのは自然なことではありません。
    自身でもできるだけ必要なホルモンを産生できる、より妊娠しやすい・流産しにくい体作りが必要です。こうした体質改善は漢方薬の得意分野です。
    もちろん、不妊治療を受けられていない方にも、妊娠のための体質改善は大変おすすめです。
    中医学では、特に「気血」の充実や健全な「肝・腎」「任脈・衝脈」の働きが、妊娠と深く関わっていると考えています。
    月経期・卵胞期・排卵期・黄体期の各期やタイミング前後、採卵・移植の時期に適した漢方薬がございます。

    各時期のおすすめ漢方

    • 月経期
      桂枝茯苓丸
      逍遥散
      卵胞期
      四物湯
      当帰芍薬散
      排卵期・採卵・タイミング
      八味地黄丸
      補中益気湯
      黄体期・移植
      補中益気湯
      帰脾湯
      28歳以上の方の体質改善
      六味丸
      八味地黄丸

    産前産後の不調

    中医学(東洋医学)では、出産時の出血に伴い、産後は気血が大変不足した状態であると考えています。 母乳不足・抜け毛・肌荒れ・虫歯・疲労・腰痛などは、いずれも気血の不足が関係してると言われていますので、気や血を補う漢方薬がおすすめです。また、妊娠初期のつわりを和らげたり、産後うつや産後腰痛に適した漢方薬もございます。

    おすすめの漢方

    • 藿香正気湯
    • 四物湯
    • 十全大補湯
    • 帰脾湯
    • 補中益気湯
    • 当帰芍薬散
    • 酸棗仁湯
    • 葛根湯

皮膚のお悩み Skin troubles

  • よく見られる症状
  • PMS
  • かゆみ
  • 湿疹
  • ニキビ
  • シミ
  • アトピー
  • 中医学(漢方)での考え方
    中医学(東洋医学)では、体内を構成する「血」「津液(水分)」が充実し、代謝が正常であることが皮膚を健全に保つ基礎であると考えています。
    血や津液が不足し、皮膚への潤いや栄養が行き届かなくなると、皮膚は乾燥し肌荒れを起こします。
    また、津液の代謝が低下した状態で熱(炎症)が起こると、痒みが強くなりひっかくとジュクジュクと滲出物が出るようになります。
    熱(炎症)が血に影響をおよぼすと、皮膚に痒みが生じ、乾燥し発赤するようになると考えられています。
    シミや慢性的なアトピーなどは、血の停滞である瘀血(おけつ)が原因であると言われています。

    これら皮膚のお悩みに適した漢方薬がございます。
    お気軽にご相談ください。

    症状の特徴別おすすめ漢方

    • 痒みがあり、皮膚は紅潮・乾燥しがち
      消風散
      皮膚がジュクジュクと滲出物が多い、皮膚症状が慢性的
      竜胆瀉肝湯
    • 皮膚が乾燥し、痒みが強い
      当帰飲子
      シミ
      桂枝茯苓丸
      当帰芍薬散

耳鼻のお悩み Ear nose troubles

  • よく見られる症状
  • 耳鳴
  • めまい
  • 難聴
  • 鼻炎
  • 蓄膿症
  • 花粉症
  • 中医学(漢方)での考え方
    中医学(東洋医学)では、体内を構成する「気」「血」が充実し、代謝が正常であることが耳・鼻を健全に保つ基礎であり、
    気血の不足や、気の停滞・気逆(気が体上部に充満すること)がると、耳・鼻の症状が生じると考えています。
    耳の機能は腎・心・脾などの臓腑と、鼻の機能は肺・脾などの臓腑の状態とリンクしており、
    これら臓腑の失調に伴いさまざまな耳・鼻の症状が出現すると考えられています。

    これらの失調により生じる耳・鼻のお悩みに適した漢方薬がございます。
    お気軽にご相談ください。

    耳鳴り・難聴

    耳鳴りや難聴でお困りの患者さんも漢方相談にはよくいらっしゃいます。
    すでに耳鼻科や脳外科で検査を受けられている方も多く、中にはメニエル病や脳の血管異常など原因がはっきりしている方います。
    また、原因のはっきりしない方も少なくありません。
    原因がはっきりしない耳鳴り・難聴はもちろんですが、原因が分かっていても西洋医学的に有効な治療方法がない場合もあります。
    漢方治療はそのような場合におすすめしたいと思います。

    耳鳴りの症状は様々です。
    まず、聞こえる音に違いがあります。高音のピーというような音、ボイラー音のようにゴーッという低音、
    蝉が鳴いているようなジーっという音、ドッドッという拍動性の音など、人によって聞こえ方が違います。
    また、常に鳴っている人もいれば、就寝時など静かな環境で聞こえる人、疲れているときのみ聞こえる人など、耳鳴りがする状況も人それぞれなのです。
    聴力低下や耳が塞がっているような症状を伴う方もいらっしゃいます。

    中医学(東洋医学)において耳鳴り・難聴の発生機序は基本的に一致しています。
    臨床では耳鳴り・難聴は単独で出現することもあります、耳鳴りが治った後に難聴が発生したり、難聴から耳鳴りが始まったりすることもあります。
    また同時に出現することも多いです
    中医学(東洋医学)における耳鳴り・難聴の発生メカニズムは類似しています。 こちらにより詳しい説明がございます(併設針灸院)

    耳鳴り・難聴を発生するいずれの病機も、実証型と虚証型に大まかに分けることができます。

    実証型・虚証型の特徴

    • 実証型
      耳鳴り・難聴が突然発症する。
      セミの鳴き声か波のような音が持続する。
      耳を塞いでも軽減しない。
      耳がつまる感じがする。
    • 虚証型
      耳鳴り・難聴は徐々に発症する。
      耳鳴りの音は小さく低い、断続的である。
      活動後悪化する。
      耳を塞ぐと軽減する。

    おすすめの漢方

    • 実証型
      竜胆瀉肝湯(顔が赤く、頭痛を伴う方)
      加味逍遙散(イライラを伴う方)
      釣藤散(めまいを伴う方)
    • 虚証型
      滋腎通耳湯(加齢に伴う耳鳴・難聴に)
      補中益気湯(食欲不振で元気がでない方)
      帰脾湯(不眠傾向で疲れやすい方)
      六味丸(腰痛や足腰のだるさを伴う方)
      八味地黄丸(手足の冷え、夜間尿がある方)

    めまい

    様々な耳鳴り・難聴があるように、めまい(目眩、眩暈)も色々なタイプがあります。
    ひとつは目の前が暗くなり、一瞬意識が遠のく感覚です。
    眩(げん)は目の前が暗くなること、暈(うん)は意識がぼんやりすることを指していています。
    二つめは「天井がグルグル回る」ような回転性の目まいです。
    これは非常に激しく嘔吐を伴うこともあります。
    三つめはフワフワ感や体が自然と傾いてく感覚になるめまいです。
    漢方薬が適しているのは、慢性的にくり返してなかなか治らないめまいです。
    メニエール病や良性発作性頭位眩暈症(BPPV)などすでに耳鼻科などで診断が付いている方もいらっしゃいますが、西洋医学的に原因不明の方も多いです。
    西洋医学は原因が明確になられないと治療方法が決まらないのが弱点です。
    このようなケース場合には漢方薬が本領を発揮します。こちらに中医学(東洋医学)におけるめまいの発生メカニズムの詳しい説明がございます(併設針灸院)

    めまいを発生するいずれの病機も、実証型と虚証型に大まかに分けることができます。

    実証型・虚証型の特徴

    • 実証型
      断続的に強いめまいがおこる。
      物を見ると目がグルグル回り、ひっくり返るような感じがする
    • 虚証型
      持続的なめまい。
      実証型ほど強くはない。
      活動後悪化する。

    おすすめの漢方

    • 実証型
      釣藤散(強いめまいに)
      加味逍遙散(イライラを伴う方)
      苓桂朮甘湯(痰が多い傾向の方)
    • 虚証型
      六味丸(腰痛や足腰のだるさを伴う方)
      知柏地黄丸(顔のほてり・汗が出る方)
      八味地黄丸(手足の冷え、夜間尿がある方)
      補中益気湯(食欲不振で元気がでない方)
      十全大補湯(疲労・貧血を伴う方)

    鼻炎・蓄膿症・花粉症

    風熱(病原物質の一種)が鼻を犯すと、風熱邪毒は鼻に結し経絡を滞らせ鼻づまり、くしゃみ・鼻水(黄色で薄いことが多い)などを引き起こします。
    風熱による鼻の症状には、辛夷清肺湯がおすすめです。
    風寒(病原物質の一種)が侵襲すると、寒邪の影響で鼻づまり・透明で薄い鼻水などを引き起こします。
    風寒による鼻の症状には小青竜湯がおすすめです。
    呼吸や体表部の免疫を管理する肺の働きが低下すると、風邪を引きやすくなり、鼻炎が治りにくく慢性的になります。
    このような方には玉屏風散がおすすめです。
    蓄膿症で、鼻づまり・嗅覚減退があり、ドロドロの黄色く臭いのする鼻水が出る方には、竜胆瀉肝湯や辛夷清肺湯が、
    質が濃く透明の鼻水が出る方には、藿香正気散がおすすめです。

    おすすめ漢方

    • 鼻炎・花粉症(風邪をひきやすい・透明の鼻水・咳やくしゃみ)
      玉屏風散
      鼻炎・花粉症(透明の鼻水)
      小青竜湯
      鼻炎・花粉症(黄色の鼻水)
      辛夷清肺湯
      蓄膿症(ドロドロで黄色の鼻水)
      竜胆瀉肝湯
      蓄膿症(質が濃く透明の鼻水)
      藿香正気散

    産前産後の不調

    中医学(東洋医学)では、出産時の出血に伴い、産後は気血が大変不足した状態であると考えています。 母乳不足・抜け毛・肌荒れ・虫歯・疲労・腰痛などは、いずれも気血の不足が関係してると言われていますので、気や血を補う漢方薬がおすすめです。また、妊娠初期のつわりを和らげたり、産後うつや産後腰痛に適した漢方薬もございます。

    おすすめの漢方

    • 藿香正気湯
    • 四物湯
    • 十全大補湯
    • 帰脾湯
    • 補中益気湯
    • 当帰芍薬散
    • 酸棗仁湯
    • 葛根湯

自律神経の不調 Autonomic disorder

  • よく見られる症状
  • 疲れやすい
  • 不安感
  • イライラ
  • 不眠
  • 動悸
  • 中医学(漢方)での考え方
    不規則な生活や過度のストレスなどにより、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れ、さまざまな不快症状が現れます。
    良く見られる症状には疲れやすい、不安感、イライラ、不眠、動悸などがあります。
    病院での検査で器質的な異常が認められなければ「自律神経失調症」と診断されることが多いです。
    中医学(東洋医学)では、体を構成する3つの物質「気」「血」「津液(水)」の過不足や循環・代謝の乱れによって生じると考えられています。
    漢方薬は自律神経失調のように、器質的な変化のない、多様な症状を呈する病態に大変適しています。

    おすすめ漢方

    • 疲れやすい方に
      十全大補湯
      不安感
      帰脾湯
      イライラ
      柴胡疎肝湯
    • 不眠
      酸棗仁湯
      動悸
      帰脾湯(不眠傾向で疲れやすい方)
      逍遥散(イライラを伴う方)

ダイエットのお悩み diet

  • よく見られる症状
  • 便秘
  • 脂肪過多
  • むくみ
  • 中医学(漢方)での考え方
    中医学(東洋医学)の理論では、肥満の解消には全身の「津液(水)」代謝を改善し、食べ物を十分に消化して良好な便通を保つことが肝要であると考えています。
    肥満の原因となる津液代謝の異常や便秘の解消に役立つ数多くの漢方薬がございます。

    体質に合った漢方薬を選択しないとなかなか効果は現れません。
    お気軽に体質相談をご利用ください。

    脂肪過多(肥満)・むくみ

    中医学(東洋医学)では、肥満の正体を「津液(水)」の代謝異常だと考えています。
    津液は、体を構成する正常な水分の総称で、常に体内をくまなく循環し、古くなった津液は排泄されています。
    津液の生成や代謝は、複数の臓腑の機能が関わっています。
    脾は食べ物から津液を生成し、津液を全身に循環させる原動力の役割(運化)も果たしています。
    この運化の働きが低下すると、津液の流動性は低下して濃縮され、体には害となる物質「痰湿」に変化します。
    また、肺は全身の津液代謝をスムーズにする働きを有し、腎は余剰な津液を尿に転化する作用を持ちます。
    これら肺や腎の機能が失調しても、痰湿は発生します。
    痰湿が皮下に停滞すると「むくみ」になり、むくみが長期化すると皮下の痰湿が少しずつ脂肪に置き換わり肥満を形成すると考えられています。
    痰湿を除去し脂肪を減らしたり、津液の代謝に関わる「脾・肺・腎」の機能を不活化させ痰湿の生成を防ぐのに適した漢方薬がございます。

    おすすめの漢方

    • 疲れやすく、だるくて横になりたくなる、腹部の膨満感、体が重く感じる方
      六君子湯
      腰痛や手足の冷えがあり、夜間の頻尿、不妊症を伴う方
      八味地黄丸
    • イライラして食べ過ぎてしまう、生理不順や不眠を伴う方
      加味逍遙散
      顔色・唇や皮膚が黒っぽく、生理不順・便秘を伴う方
      桃核承気湯

    便秘

    食べ物は胃腸で消化され栄養分を吸収されます。
    残ったカスを「糟粕」と呼び、糟粕は大腸に送られ糞便となり排泄されます。
    大腸の気が停滞し糟粕の動きが悪くなったり、腸の炎症で糟粕が乾きすぎ便が固くなりすぎてしまったり、糞便を排泄する力不足など、さまざまな原因で糟粕が大腸に留まると便秘になると考えられています。

    おすすめの漢方

    • 便がコロコロで硬い、または少量づつしか出ずスッキリしない方
      麻子仁丸
      ひどい便秘で何日もお通じのない方
      桃核承気湯
    • 排便に力が入らない、排便後の疲労感を伴う方
      補中益気湯
      高齢者の便秘、夜間尿を伴う方
      八味地黄丸

生活習慣病 Lifestyle-related diseases

  • よく見られる症状
  • 肥満
  • 便秘
  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 中医学(漢方)での考え方
    食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの生活習慣が深く関与し、発症の原因となる疾患の総称です。
    以前は「成人病」と呼ばれていましたが、
    成人であっても生活習慣の改善により予防可能で、成人でなくても発症可能性があることから、1996年に当時の厚生省が「生活習慣病」と改称することを提唱しました。
    中医学(東洋医学)は、生活習慣により形成された体質の乱れから生じるさまざまな症状・疾患の解消を得意としています。
    中医学(東洋医学)における肥満や便秘の考え方は「ダイエットのお悩み」で紹介しましたが、高脂血症の考え方は基本的に肥満と同様です。
    痔には外痔核・内痔核・痔瘻などがありますが中医学(東洋医学)ではいずれも下半身での血の停滞(瘀血)や
    気の持つ様々な組織を上へ引き上げる作用の低下(昇提不足)が原因と考えています。
    中医学(東洋医学)では、体内には体温など体を温める要素「陽」と水分など体を冷やす要素「陰」が備わっており、
    生活習慣などによりこれらのバランスが崩れ、「陽」が強くなりすぎることで血圧が上がってしまうと認識しています。
    生活習慣病を改善するには、もちろん問題となる生活習慣を改めることが前提になりますが、
    漢方薬による体質改善が大きな助けになりますし、症状の緩和にも大変役立ちます。

    おすすめ漢方

    • 肥満(詳細は「ダイエットのお悩み」を参照ください)
      六君子湯
      加味逍遙散
      八味地黄丸
      桃核承気湯
      便秘(詳細は「ダイエットのお悩み」を参照ください)
      麻子仁丸
      桃核承気湯
      補中益気湯
      八味地黄丸
    • 痔(便が硬い、肛門がヒリヒリする、痛み、出血、赤ら顔の方)
      桃核承気湯
      痔(下痢または便秘、肛門が下に引かれる感覚、腫れて痛む、尿が濃く黄色の方)
      竜胆瀉肝湯
      痔(下痢または排便困難、排便後疲れる、倦怠感、食欲不振を伴う方)
      補中益気湯
    • 高血圧(めまい、頭が張るように痛む、イライラすると血圧が上がる方)
      竜胆瀉肝湯
      高血圧(手足の冷え、耳鳴り、腰のだるさを伴う方)
      釣藤散
      高脂血症
      大柴胡湯

慢性病 chronic disease

  • よく見られる症状
  • リウマチ
  • 関節痛
  • 免疫力低下
  • 脳血管障害後遺症
  • 眼精疲労
  • 糖尿病
  • 中医学(漢方)での考え方
    現代医学の治療を長年受けているけれど、なかなか良くならない、少しずつ悪化している、効果があまり感じられなくなってきた。
    慢性病・慢性症状でお悩みの方は大勢いらっしゃいます。
    慢性化をしていますし、中には器質的な変化を伴う病態の方もいらっしゃいますので、根本的な治癒は困難かもしれませんが、
    漢方薬はお悩みの症状を和らげ、少しずつ回復させる可能性を秘めています。
    現代医学とは違った切り口からお悩みの症状を改善する漢方薬をぜひお試しください。

    おすすめ漢方

    • リウマチ
      薏苡仁湯
      免疫力低下
      十全大補湯
      脳血管障害後遺症
      補陽還五湯
      眼精疲労
      杞菊地黄丸
      関節痛
      独活寄生丸
    • 糖尿病(食欲が旺盛で、体重が減少傾向の方)
      大柴胡湯
      糖尿病(慢性的な糖尿病でむくみが強い方)
      六味丸
      糖尿病(慢性的な糖尿病で手足が冷える方)
      八味地黄丸
      糖尿病(慢性的な糖尿病でのぼせ・ほてりが強い方)
      知柏地黄丸
      糖尿病(慢性的な糖尿病で目の症状を伴う方)
      杞菊地黄丸
Copyright 2019 HAKOSUZU kampo online shop All Rights Reserved.